タグ別アーカイブ: 7回読み勉強法

【-7ヶ月】司法書士試験受験の年間計画を立ててみた

先日、日ごとの計画を立ててみたけれども、そういうわけで、たぶん2016年の本番までに、トータル1,000時間7ヶ月も取れれば良いほうなのではないだろうか。悔しいけど。

筑駒→東大の山本氏が1,800時間6ヶ月なので、半分程度ということになる。そうかといって、諦めてしまっては仕方がないので、できれば、いや絶対に2016年に受かりたいと祈念しつつ、本番までの大まかな勉強計画を立ててみた。

 

科目ごとの優先順位

※以下、()内の出題数は多肢択一式について、<>内の出題数は記述式について、【】内の午前午後の別は多肢択一式について、《》内は配点割合(仮に記述の不登法と商登法の配点が同じだとして)

主要科目はこの四つ
  • (20問)【前】民法(特に物権編が重要)《24%》
  • (16問)【後】不動産登記法《15%》 <1問>《12.5%》
  • (09問)【前】商法(会社法)《10%》
  • (08問)【後】商業登記法《9%》 <1問>《12.5%》
優先度が落ちるのがこの七つ
  • (03問)【前】憲法《4%》
  • (03問)【前】刑法《4%》
  • (05問)【後】民事訴訟法《6%》
  • (01問)【後】民事執行法《1%》
  • (01問)【後】民事保全法《1%》
  • (03問)【後】供託法《4%》
  • (01問)【後】司法書士法《1%》

多肢択一式が1問3点、記述式が2問で70点

合計280点

 

参考資料は、山本氏のこの本

なお、午前、午後の択一、午後の記述の三分野各別に、足切り点の設定がある、と。

 

刑法を七回も読んでる場合じゃないんだろうな、という気付き

けっ…刑法から着手したのは、ただのウォーミングアップのためなんだからね!! /////

全280点ちゅう、刑法の配点は9点ということは、全得点の刑法に占める割合は、4%。時間にして単純割してみると、40時間でマスターせねばならんということや。演習のこととか考えると、そんにはかけられない。

民法と不動産登記法だけで50%超える

こういう計算とかもやった上で、勉強の計画を立ててくれるんだろうから、そりゃ資格試験予備校に通ったほうが、有利は有利なんだと思う。

が、持たざる者がここで嘆いても仕方がない。

時間的にも、半分、いやもっとかけるべきなんだろう。

 

というワケで、年間計画を立ててみた。

  • <前半>11月 民法、(刑法)
  • <前半>12月 民法→不動産登記法
  • <前半>01月 商法→商業登記法
  • <前半>02月 商業登記法
  • <後半>03月 記述、民事訴訟/保全/執行法
  • <後半>04月 記述、憲法、供託法、司法書士法(模試)
  • <後半>05月 実践演習(模試)
  • <終盤>06月 実践演習(模試)
  • <本番>07月

多くの受験専門校では、1年合格コースを、4月から民法と不動産登記法、会社法と商業登記法の順で講義をし、年末から翌年にかけて、記述式試験対策と並行してマイナー科目を学習するというパターン(こんなにおもしろい司法書士の仕事
P156)

 

これを参考にしつつ、無理くり半年に圧縮してみたのだけど。なにしろ、年末、年度末、年度初めは、本業、シュフ業、ハハ業的にも非常に忙しい。商法、商業登記法あたりがぐちゃぐちゃになりかねない。

サァどうかな…。

広告

【-7ヶ月】【刑法】今後の平日スケジュールを考えてみた。

今後の平日スケジュールを考えてみた。

山本浩司センセイのご著書を参考に。

センセイは10月末からの6月で合格したというひと。

0400 起床 体重計測 朝食 支度
0430 勉強開始(3.25時間)
0745 子どもを起こす
0845 子どもを送り出し完了 勉強再開(3時間)
1145 ランチ
1300 本業の仕事 他雑用
1500 (子ども早お迎え) 勉強再開(2時間)
1700 (子ども遅お迎え)
子ども外遊び or ピアノ自宅練習など
1800 炊事
1830 夕食
1915 茶碗洗い 運動(腹筋×30 スクワット×30) その他
2000 入浴・就寝前の復習(0.5時間)
2030 入浴
2130 就寝・寝かしつけ
計 8.75時間/1日

 

あんま深い意味はないけど、刑法から勉強をスタートしている。

手法は、7回読み勉強法など。

二、三日前から。

何はともあれ、こうして私の「司法書士試験2016」が走り出した。

ワラジ履き過ぎの中、やっぱり司法書士挑戦は撤回して行政書士の二年目に入ろうかと

 

思いのほか、本業が忙しく。

それはつまり、

  • 開業スキームの整理 が完全決着が着いてない
  • 広報関係が面白くなってきてしまった

 

そして、かねてからの課題であった育児面のウェイトも当然引き続き存在する中。しかも、年度末でイベント多く。

 

加えて、出身校の同窓会関連のイベントにしゃしゃり出てしまい、そちらのタスクが重量を持ち始めている。

 

トピックとしては何にもないけど、日々の所要時間としては依然大きい、家事面があり。

 

こんな中、司法書士に手を出すのは、無理。

どのみち今年合格は期待してなかったとしても、あまりにも片手間になる予感がビシバシするので。

 

モヤりつつも、2015年度は、行政書士二年目にすることにした。

 

というわけで、7回読み勉強法は行政書士の基本書の民法に適用してみようかと思う。

 

…でも、こんな暮らしなので、基本書斜め読む程度にも時間を割きがたいのだけども。

 

7回読み勉強法で不動産登記法に着手

 

(お知らせ)月曜21時はダイエット記事を定期的に挙げようと計画してましたが、挫折。スミマセン。ダイエット自体は続けてるんですが、定期更新は勘弁頂きたいと思っております。(お知らせここまで)

 

7回読み勉強法をたぶん取り入れつつ、不動産登記法に着手。

なんとなく司法書士法を済ませちゃおうと先日着手してたんだけど、なんと基本書がどっかいっちゃった(!)ので、脱線して別の科目に手を付けた次第。それが不動産登記法だった、と。

 

なぜ不動産登記法なのか…。

メインの科目の一つ…なんですよね?たぶん。なので、ボリュームを把握しつつ、ざっと流しときたい、というのと、行政書士試験受験したので、民法のごくごく基礎はあるはずだし、的な。

 

不動産登記法に手を着けてみての、印象としては、

壮大な業務マニュアル、っちゅう感じですね。ルールブックだけど。

サラリーマンのときに、ルーティンワークのマニュアル化(文書化)みたいなプロジェクトが走ったことがあるけど、それを連想する感じ。下手なプロジェクトでさ。マニュアル(業務容量・手順)なのか、ルールブックなのか、渾然一体としてて良いのか、有る程度は意義の違いを意識すべきなのか。マニュアル作りのレギュレーションがなってなくて、プロジェクト終わってみたら、「???」っていうファイルが大量に生成されてて、ドン引きした記憶があります。

 

話が逸れた。

国レベルでルーティンワークを、トラブルなくこなすために、ルールを載せて置く文書、って感じ。手続法スなあ。

 

…てな感じです。たぬ子でした~。