タグ別アーカイブ: 司法書士

2016年司法書士(記念・練習)・宅建(合格狙い・本気)受験することにした

数日中に宅建の教科書が届くはずなので、それ見たらまた意見が変わるかもしれないけど…

 

7月に司法書士の試験を受ける

今回は記念受験。

来年のための前哨戦として割り切って受けようと思う。少しでも良いスコアがでれば気分もアガルだろうし。

10月に宅建の試験を受ける

まだ宅建についてのリサーチがあんまりできてない中アレだけど。法律は全くの素人ではなし、なんとかなるだろう!

そして来年度の司法書士試験合格を目指す

2020年ころまでには、是非とも士業資格をいくつか獲っておきたいのだ。現状通り、親業、自営業をやりながらも。

一気呵成とはいかないけれども、若いころとの記憶力の差は大きいけれども、なんとかして、2020年目標は維持したい。

 

勉強のやり方としては

7月の司法書士試験までは

レベル的にも、教材的にも、司法書士試験を意識したものにしようと思う。範囲はもちろん、まず民法、不動産登記法。それから商法は終わらせておきたい。それで、実際の試験で手ごたえを確認。

 

8月以降10月の宅建試験までは

宅建の教科書中心に必要であれば過去問を回して、とりあえず宅建の合格を目指す。

 

広告

勉強再開(またぞろ仕事にのめり込んでた)

年末から、仕事が急激に忙しくなり、そっちにのめり込んでしまっていた。

一秒も勉強に割かなくなってしまって、たぶん、勉強から逃げたい気持ちも多分にあったと思う。

 

社会人になると、日銭を稼ぐというのは時間的喫緊度も優先度も高く、日銭を稼ぐための下地を整える動きというのも、時間的喫緊度こそ緩和されるものの、やっておかないと、詰む。

 

加えて、妻も母もやってる立場だと、勉強していると公言して仕舞えば、なんならバッシングの対象になりかねない。

身を粉にして、己を犠牲にして取り組むのが妻の役目・母の役目みたいな変な宗教じみた価値観が蔓延っているので。「自己実現なんてとんでもない!」という風潮。…この勉強だって、自己実現もなくはないが、現在の収入構成とかスキルセット、経歴を踏まえて、将来の生計のために足りない要素を埋める動きなのに。(だから結局、たとえ妻や母としての役割のためだとしても、自分たち(?)を出し抜く、「上手いこと」は批判の対象になるのだ)。

…なんでここまで怯えなきゃいけないかというと、そういうことやりかねない特定個人が想定されちゃっている立場なので、如何ともしがたい。

 

さて置き要するに、「勉強してるなんて」圧力がけっこうあるのだ。

 

でもね、冗長だけど、

「自己実現もなくはないが、現在の収入構成とかスキルセット、経歴を踏まえて、将来の生計のために足りない要素を埋める」というのは本当なので、やらなきゃいけないのだ。

 

仕事の方はまだ手が離れたわけではないので、なんだかんだあろうだろう。つまり、どの道今年度はムズカシイ予感が濃厚になってきた。

 

だがやらねばならない。来年になってもね。

 

あーあ。

【-7ヶ月】司法書士試験受験の年間計画を立ててみた

先日、日ごとの計画を立ててみたけれども、そういうわけで、たぶん2016年の本番までに、トータル1,000時間7ヶ月も取れれば良いほうなのではないだろうか。悔しいけど。

筑駒→東大の山本氏が1,800時間6ヶ月なので、半分程度ということになる。そうかといって、諦めてしまっては仕方がないので、できれば、いや絶対に2016年に受かりたいと祈念しつつ、本番までの大まかな勉強計画を立ててみた。

 

科目ごとの優先順位

※以下、()内の出題数は多肢択一式について、<>内の出題数は記述式について、【】内の午前午後の別は多肢択一式について、《》内は配点割合(仮に記述の不登法と商登法の配点が同じだとして)

主要科目はこの四つ
  • (20問)【前】民法(特に物権編が重要)《24%》
  • (16問)【後】不動産登記法《15%》 <1問>《12.5%》
  • (09問)【前】商法(会社法)《10%》
  • (08問)【後】商業登記法《9%》 <1問>《12.5%》
優先度が落ちるのがこの七つ
  • (03問)【前】憲法《4%》
  • (03問)【前】刑法《4%》
  • (05問)【後】民事訴訟法《6%》
  • (01問)【後】民事執行法《1%》
  • (01問)【後】民事保全法《1%》
  • (03問)【後】供託法《4%》
  • (01問)【後】司法書士法《1%》

多肢択一式が1問3点、記述式が2問で70点

合計280点

 

参考資料は、山本氏のこの本

なお、午前、午後の択一、午後の記述の三分野各別に、足切り点の設定がある、と。

 

刑法を七回も読んでる場合じゃないんだろうな、という気付き

けっ…刑法から着手したのは、ただのウォーミングアップのためなんだからね!! /////

全280点ちゅう、刑法の配点は9点ということは、全得点の刑法に占める割合は、4%。時間にして単純割してみると、40時間でマスターせねばならんということや。演習のこととか考えると、そんにはかけられない。

民法と不動産登記法だけで50%超える

こういう計算とかもやった上で、勉強の計画を立ててくれるんだろうから、そりゃ資格試験予備校に通ったほうが、有利は有利なんだと思う。

が、持たざる者がここで嘆いても仕方がない。

時間的にも、半分、いやもっとかけるべきなんだろう。

 

というワケで、年間計画を立ててみた。

  • <前半>11月 民法、(刑法)
  • <前半>12月 民法→不動産登記法
  • <前半>01月 商法→商業登記法
  • <前半>02月 商業登記法
  • <後半>03月 記述、民事訴訟/保全/執行法
  • <後半>04月 記述、憲法、供託法、司法書士法(模試)
  • <後半>05月 実践演習(模試)
  • <終盤>06月 実践演習(模試)
  • <本番>07月

多くの受験専門校では、1年合格コースを、4月から民法と不動産登記法、会社法と商業登記法の順で講義をし、年末から翌年にかけて、記述式試験対策と並行してマイナー科目を学習するというパターン(こんなにおもしろい司法書士の仕事
P156)

 

これを参考にしつつ、無理くり半年に圧縮してみたのだけど。なにしろ、年末、年度末、年度初めは、本業、シュフ業、ハハ業的にも非常に忙しい。商法、商業登記法あたりがぐちゃぐちゃになりかねない。

サァどうかな…。

司法書士受験科目の法令を音読すると何分かかるか調べてみた。会社法の戦慄の所要時間は一体…。

兼業 × シュフ × 独学者 たるもの、隙間時間を利用して勉強したい。隙間時間を利用して勉強するということは、できれば耳で聞いて覚えたりもしたい。…ということで、フト思い立って、司法書士試験の出題科目の法文を、音読したらどのぐらかかるのか、調べて、計算してみました。

 

チャンピオンはもちろん会社法!!

…なのは皆さん予想のところと思いますが、もし丸っと全部読み上げちゃったら、どのぐらい時間がかかるでしょう?

戦慄の結果、どうぞご覧ください。

 

なお、念のためですが、全文読み上げることに意味があるかどうはとりあえず脇に置いてしまっています。大丈夫ですかね、この独学者さんは。

 

調査・計算条件:

付則(補則)(附則)除く 法令名除く

凡例:法令名、条数(付則除く)、文字数(付則除く) ⇒ 読み上げた場合の所要時間(1分5文字計算)

 

午前の部科目

憲法

全99条9686文字 ⇒ 23.29分

民法

全1044条131670文字 ⇒ 438.90分(7.32時間)

商法

全851条39112文字 ⇒ 130.38分

会社法

全979条407598文字 ⇒ 1358.66分ww(22.65時間(!!))

刑法

全264条31188文字 ⇒ 103.96分(1.74時間)

 

午後の部科目

不動産登記法

全164条45528文字

商業登記法

全137条45743文字

民事訴訟法

全405条82933文字

民事執行法

全207条68400文字

民事保全法

全67条14532文字

供託法

全10条1235文字

供託規則

全50条19998文字

司法書士法

全83条13859文字

 

結論:会社法をぜんぶ音読すると理論上、丸一日必要

ただ、そんな強靭な喉を持つ人はいませんよね。

 

※文字数の計測方法:法令データ提供システムで提供のデータを範囲選択してコピー、Microsoft Wordに貼付け、ウインドウ左下に表示される文字数を採用。

 

間違いがあったらゴメンナサイm(_ _)m

責任持てませんので、悪しからず…。

【-7ヶ月】【刑法】今後の平日スケジュールを考えてみた。

今後の平日スケジュールを考えてみた。

山本浩司センセイのご著書を参考に。

センセイは10月末からの6月で合格したというひと。

0400 起床 体重計測 朝食 支度
0430 勉強開始(3.25時間)
0745 子どもを起こす
0845 子どもを送り出し完了 勉強再開(3時間)
1145 ランチ
1300 本業の仕事 他雑用
1500 (子ども早お迎え) 勉強再開(2時間)
1700 (子ども遅お迎え)
子ども外遊び or ピアノ自宅練習など
1800 炊事
1830 夕食
1915 茶碗洗い 運動(腹筋×30 スクワット×30) その他
2000 入浴・就寝前の復習(0.5時間)
2030 入浴
2130 就寝・寝かしつけ
計 8.75時間/1日

 

あんま深い意味はないけど、刑法から勉強をスタートしている。

手法は、7回読み勉強法など。

二、三日前から。

何はともあれ、こうして私の「司法書士試験2016」が走り出した。