タグ別アーカイブ: 司法書士試験

2016年司法書士(記念・練習)・宅建(合格狙い・本気)受験することにした

数日中に宅建の教科書が届くはずなので、それ見たらまた意見が変わるかもしれないけど…

 

7月に司法書士の試験を受ける

今回は記念受験。

来年のための前哨戦として割り切って受けようと思う。少しでも良いスコアがでれば気分もアガルだろうし。

10月に宅建の試験を受ける

まだ宅建についてのリサーチがあんまりできてない中アレだけど。法律は全くの素人ではなし、なんとかなるだろう!

そして来年度の司法書士試験合格を目指す

2020年ころまでには、是非とも士業資格をいくつか獲っておきたいのだ。現状通り、親業、自営業をやりながらも。

一気呵成とはいかないけれども、若いころとの記憶力の差は大きいけれども、なんとかして、2020年目標は維持したい。

 

勉強のやり方としては

7月の司法書士試験までは

レベル的にも、教材的にも、司法書士試験を意識したものにしようと思う。範囲はもちろん、まず民法、不動産登記法。それから商法は終わらせておきたい。それで、実際の試験で手ごたえを確認。

 

8月以降10月の宅建試験までは

宅建の教科書中心に必要であれば過去問を回して、とりあえず宅建の合格を目指す。

 

広告

勉強再開…してなかった。今年は宅建でも目指そうかな。

これ何年経っても受からない人の王道パターンなのではと思うと怖くなるけど、方針転換しようと思う。

何しろ、たぶんこれから再開しても今年の司法書士はムリな気がするので。元々無理メな計画ではあったけど、当初想定以上に、専念できていなかったので。

超ありがちな対応とは思うが、宅建にでも挑戦しようかと思う。計画はこれから。。

期間としては3ヶ月から半年、時間で言えば200時間から300時間という感想が多いと学習機関の担当の方に聞くことができました。

>> 宅建の勉強時間、学習時間はどれくらい必要か? http://www.takken1.com/time.html

このサイト、参考になりそう。

 

うん、計画は基本書届いてからにしようかな。

みんなが欲しかった! 宅建士の教科書 2016年度
滝澤 ななみ
TAC出版 (2015-10-21)
売り上げランキング: 540

とりあえずコレ注文した。人気のようだし。

 

なんとなく気分転換にサイトをちょびっとお化粧替え。アイコンをコレにしてみた。

勉強再開(またぞろ仕事にのめり込んでた)

年末から、仕事が急激に忙しくなり、そっちにのめり込んでしまっていた。

一秒も勉強に割かなくなってしまって、たぶん、勉強から逃げたい気持ちも多分にあったと思う。

 

社会人になると、日銭を稼ぐというのは時間的喫緊度も優先度も高く、日銭を稼ぐための下地を整える動きというのも、時間的喫緊度こそ緩和されるものの、やっておかないと、詰む。

 

加えて、妻も母もやってる立場だと、勉強していると公言して仕舞えば、なんならバッシングの対象になりかねない。

身を粉にして、己を犠牲にして取り組むのが妻の役目・母の役目みたいな変な宗教じみた価値観が蔓延っているので。「自己実現なんてとんでもない!」という風潮。…この勉強だって、自己実現もなくはないが、現在の収入構成とかスキルセット、経歴を踏まえて、将来の生計のために足りない要素を埋める動きなのに。(だから結局、たとえ妻や母としての役割のためだとしても、自分たち(?)を出し抜く、「上手いこと」は批判の対象になるのだ)。

…なんでここまで怯えなきゃいけないかというと、そういうことやりかねない特定個人が想定されちゃっている立場なので、如何ともしがたい。

 

さて置き要するに、「勉強してるなんて」圧力がけっこうあるのだ。

 

でもね、冗長だけど、

「自己実現もなくはないが、現在の収入構成とかスキルセット、経歴を踏まえて、将来の生計のために足りない要素を埋める」というのは本当なので、やらなきゃいけないのだ。

 

仕事の方はまだ手が離れたわけではないので、なんだかんだあろうだろう。つまり、どの道今年度はムズカシイ予感が濃厚になってきた。

 

だがやらねばならない。来年になってもね。

 

あーあ。

模範六法2016年版あさって発売、今日注文すべし

受験生には重い出費やけどな。

買わねばなるまい、模範六法。

六法は数あれど、受験生はもちろん、プロにも愛用者の多い、模範六法。

模範六法2016 平成28年版
模範六法2016 平成28年版

posted with amazlet at 15.11.23
三省堂
売り上げランキング: 5,229

 

あなたが絶対知っている会社の法務部に勤めていましたが、模範六法派、多かった。

【-7ヶ月】司法書士試験受験の年間計画を立ててみた

先日、日ごとの計画を立ててみたけれども、そういうわけで、たぶん2016年の本番までに、トータル1,000時間7ヶ月も取れれば良いほうなのではないだろうか。悔しいけど。

筑駒→東大の山本氏が1,800時間6ヶ月なので、半分程度ということになる。そうかといって、諦めてしまっては仕方がないので、できれば、いや絶対に2016年に受かりたいと祈念しつつ、本番までの大まかな勉強計画を立ててみた。

 

科目ごとの優先順位

※以下、()内の出題数は多肢択一式について、<>内の出題数は記述式について、【】内の午前午後の別は多肢択一式について、《》内は配点割合(仮に記述の不登法と商登法の配点が同じだとして)

主要科目はこの四つ
  • (20問)【前】民法(特に物権編が重要)《24%》
  • (16問)【後】不動産登記法《15%》 <1問>《12.5%》
  • (09問)【前】商法(会社法)《10%》
  • (08問)【後】商業登記法《9%》 <1問>《12.5%》
優先度が落ちるのがこの七つ
  • (03問)【前】憲法《4%》
  • (03問)【前】刑法《4%》
  • (05問)【後】民事訴訟法《6%》
  • (01問)【後】民事執行法《1%》
  • (01問)【後】民事保全法《1%》
  • (03問)【後】供託法《4%》
  • (01問)【後】司法書士法《1%》

多肢択一式が1問3点、記述式が2問で70点

合計280点

 

参考資料は、山本氏のこの本

なお、午前、午後の択一、午後の記述の三分野各別に、足切り点の設定がある、と。

 

刑法を七回も読んでる場合じゃないんだろうな、という気付き

けっ…刑法から着手したのは、ただのウォーミングアップのためなんだからね!! /////

全280点ちゅう、刑法の配点は9点ということは、全得点の刑法に占める割合は、4%。時間にして単純割してみると、40時間でマスターせねばならんということや。演習のこととか考えると、そんにはかけられない。

民法と不動産登記法だけで50%超える

こういう計算とかもやった上で、勉強の計画を立ててくれるんだろうから、そりゃ資格試験予備校に通ったほうが、有利は有利なんだと思う。

が、持たざる者がここで嘆いても仕方がない。

時間的にも、半分、いやもっとかけるべきなんだろう。

 

というワケで、年間計画を立ててみた。

  • <前半>11月 民法、(刑法)
  • <前半>12月 民法→不動産登記法
  • <前半>01月 商法→商業登記法
  • <前半>02月 商業登記法
  • <後半>03月 記述、民事訴訟/保全/執行法
  • <後半>04月 記述、憲法、供託法、司法書士法(模試)
  • <後半>05月 実践演習(模試)
  • <終盤>06月 実践演習(模試)
  • <本番>07月

多くの受験専門校では、1年合格コースを、4月から民法と不動産登記法、会社法と商業登記法の順で講義をし、年末から翌年にかけて、記述式試験対策と並行してマイナー科目を学習するというパターン(こんなにおもしろい司法書士の仕事
P156)

 

これを参考にしつつ、無理くり半年に圧縮してみたのだけど。なにしろ、年末、年度末、年度初めは、本業、シュフ業、ハハ業的にも非常に忙しい。商法、商業登記法あたりがぐちゃぐちゃになりかねない。

サァどうかな…。