カテゴリー別アーカイブ: 勉強進捗状況

勉強再開(またぞろ仕事にのめり込んでた)

年末から、仕事が急激に忙しくなり、そっちにのめり込んでしまっていた。

一秒も勉強に割かなくなってしまって、たぶん、勉強から逃げたい気持ちも多分にあったと思う。

 

社会人になると、日銭を稼ぐというのは時間的喫緊度も優先度も高く、日銭を稼ぐための下地を整える動きというのも、時間的喫緊度こそ緩和されるものの、やっておかないと、詰む。

 

加えて、妻も母もやってる立場だと、勉強していると公言して仕舞えば、なんならバッシングの対象になりかねない。

身を粉にして、己を犠牲にして取り組むのが妻の役目・母の役目みたいな変な宗教じみた価値観が蔓延っているので。「自己実現なんてとんでもない!」という風潮。…この勉強だって、自己実現もなくはないが、現在の収入構成とかスキルセット、経歴を踏まえて、将来の生計のために足りない要素を埋める動きなのに。(だから結局、たとえ妻や母としての役割のためだとしても、自分たち(?)を出し抜く、「上手いこと」は批判の対象になるのだ)。

…なんでここまで怯えなきゃいけないかというと、そういうことやりかねない特定個人が想定されちゃっている立場なので、如何ともしがたい。

 

さて置き要するに、「勉強してるなんて」圧力がけっこうあるのだ。

 

でもね、冗長だけど、

「自己実現もなくはないが、現在の収入構成とかスキルセット、経歴を踏まえて、将来の生計のために足りない要素を埋める」というのは本当なので、やらなきゃいけないのだ。

 

仕事の方はまだ手が離れたわけではないので、なんだかんだあろうだろう。つまり、どの道今年度はムズカシイ予感が濃厚になってきた。

 

だがやらねばならない。来年になってもね。

 

あーあ。

広告

【-7ヶ月】週末子守り 勉強できなかったうえに体調悪く 民法・刑法を続行中

標題に全部書いちゃったけども、マァそんな感じです。

 

夫が週末、突然連絡なしの行方不明。

そのメンバーで絶対にその時間になりませんよねという時間まで飲んでいて状況が連絡されてなかっただけのことだったのだけど、…という状況であったということが分かるまでは、気が気ではない。

色々とイキサツもあるので。

 

…で、四時起き生活ではありえない時間まで起きていて。

話し合って夜も明けたと思ったら、今度は先様は二日酔いで全く身動きが取れない、と。子どもとの約束を私が代執行する羽目になり、疲労困憊。昨日はヘトヘトでした。

 

からの、

今日の私の体調不良。

頭痛、全身倦怠、のどの痛み・腫れ。体重も最近になく増加しているし。

 

ホント勘弁してほしい。

真面目に、気合いを入れて頑張っているときほど、不合理な理由で足を引っ張られると真剣に腹が立つ。

 

産後、自分のことを全く顧みることができずに、体重は増えるし、色々と自己肯定感低下しまりだったんだけども。色んな関係者から、いかにも使い捨てに、使われている感じがして。

そのときのプチ再来である。

 

…というワケで、勉強のことは、勉強できなかったとしか書くことが無いのだけど、それでも早朝とか隙間時間に、民法と刑法の基本書素読をやっている。素読と言っても、アンダーラインひいたり、キーワードをページの隅に抜き書きしたりはしているのだけど。

あ、CDが届いた。

竹下ベストレクチャー 1 会社法・商法・商業登記法 1 (CD)
竹下 貴浩
早稲田経営出版
売り上げランキング: 884,120

このシリーズ。

身分的に、どうしても勉強に専念というのは無理なので、移動時間や炊事の時間を活かすために使えないかな。

【-7ヶ月】司法書士試験受験の年間計画を立ててみた

先日、日ごとの計画を立ててみたけれども、そういうわけで、たぶん2016年の本番までに、トータル1,000時間7ヶ月も取れれば良いほうなのではないだろうか。悔しいけど。

筑駒→東大の山本氏が1,800時間6ヶ月なので、半分程度ということになる。そうかといって、諦めてしまっては仕方がないので、できれば、いや絶対に2016年に受かりたいと祈念しつつ、本番までの大まかな勉強計画を立ててみた。

 

科目ごとの優先順位

※以下、()内の出題数は多肢択一式について、<>内の出題数は記述式について、【】内の午前午後の別は多肢択一式について、《》内は配点割合(仮に記述の不登法と商登法の配点が同じだとして)

主要科目はこの四つ
  • (20問)【前】民法(特に物権編が重要)《24%》
  • (16問)【後】不動産登記法《15%》 <1問>《12.5%》
  • (09問)【前】商法(会社法)《10%》
  • (08問)【後】商業登記法《9%》 <1問>《12.5%》
優先度が落ちるのがこの七つ
  • (03問)【前】憲法《4%》
  • (03問)【前】刑法《4%》
  • (05問)【後】民事訴訟法《6%》
  • (01問)【後】民事執行法《1%》
  • (01問)【後】民事保全法《1%》
  • (03問)【後】供託法《4%》
  • (01問)【後】司法書士法《1%》

多肢択一式が1問3点、記述式が2問で70点

合計280点

 

参考資料は、山本氏のこの本

なお、午前、午後の択一、午後の記述の三分野各別に、足切り点の設定がある、と。

 

刑法を七回も読んでる場合じゃないんだろうな、という気付き

けっ…刑法から着手したのは、ただのウォーミングアップのためなんだからね!! /////

全280点ちゅう、刑法の配点は9点ということは、全得点の刑法に占める割合は、4%。時間にして単純割してみると、40時間でマスターせねばならんということや。演習のこととか考えると、そんにはかけられない。

民法と不動産登記法だけで50%超える

こういう計算とかもやった上で、勉強の計画を立ててくれるんだろうから、そりゃ資格試験予備校に通ったほうが、有利は有利なんだと思う。

が、持たざる者がここで嘆いても仕方がない。

時間的にも、半分、いやもっとかけるべきなんだろう。

 

というワケで、年間計画を立ててみた。

  • <前半>11月 民法、(刑法)
  • <前半>12月 民法→不動産登記法
  • <前半>01月 商法→商業登記法
  • <前半>02月 商業登記法
  • <後半>03月 記述、民事訴訟/保全/執行法
  • <後半>04月 記述、憲法、供託法、司法書士法(模試)
  • <後半>05月 実践演習(模試)
  • <終盤>06月 実践演習(模試)
  • <本番>07月

多くの受験専門校では、1年合格コースを、4月から民法と不動産登記法、会社法と商業登記法の順で講義をし、年末から翌年にかけて、記述式試験対策と並行してマイナー科目を学習するというパターン(こんなにおもしろい司法書士の仕事
P156)

 

これを参考にしつつ、無理くり半年に圧縮してみたのだけど。なにしろ、年末、年度末、年度初めは、本業、シュフ業、ハハ業的にも非常に忙しい。商法、商業登記法あたりがぐちゃぐちゃになりかねない。

サァどうかな…。