【レビュー】【家電】これはオススメできる!! 特にスイマーよ! SONYウォークマン NW-WS414/L 耳かけブレない 防水アリ

泳ぐときに使ってた音楽プレイヤーKanaSportsが突如壊れたので、買いました。SONYの防水ウォークマン!

SONY NW-WS414 ブルー レビュー記事用

使いはじめて一週間程度経ちますが、なかなか機嫌く使ってます。気が利いてるガジェット。なので、そのレビューをお送りします。

最初からこれ買っときゃ良かった…と一瞬思いましたが、冷静に確認すると、この機種は割と発売されたバッカリすね。2016/2/13発売。耐水性が改善されたもののようで、心強い限り。

SONYの栄光はまだもうちょっと続くんじゃ…さすがのデザイン ※後継機も本ページでご紹介します

持ってて気分が上がるっつうのは、何気にけっこう大事なことだなと最近思います。

コスパを意識し過ぎて安いのばっかり買っていると、心躍らないデザインのものばかり囲まれて、益々自己肯定感低下、鬱気味、生産性低下、と負のスパイラルに…。もちろん分相応が大事だけれども。

NW-WS414 ※後継機あり …は、カラバリもブルーはイマドキ感のあるブルー。ただの「青」じゃない。白は白でも気の利いた色味のアイボリーだし、黒はベッタリし過ぎない黒だし。手触りもしっとりマットで、高級感…と言うと言い過ぎだけど、イイ感じ。

形状は機能美的なものもあるんでしょうよ、快適なルックスです。

ここがご機嫌!NW-WS414 の良いところ

  • スポーツに最適な形状

身体動かしてもガタつかないですね!

不気味なほどに!

耳のカタチなんて、個人差ありまくりもイイとこ。

どうせ、極端に耳が小さ目な私には合わんだろう、と斜めに構えてたんですが。着けてみて意外や意外、すんませんでした!!という感じでした。ブレないです。ガタつかないです。ピッタリフィットする。不思議。

着け外しのコツを掴むために慣れがいるけど。3回目で会得した。

何度か泳ぐときに実際使ってみましたが、壊れないことは勿論、「気にならない」のでイイ感じです。前使ってたKanasportsは、泳ぎだしの時に耳元で、水の抵抗を受けてバタバタしている感じがありましたが、それがない。

  • 音声ガイドが小技効いている

ポータブル音楽プレイヤーに画面が付いてない。

ということは、

曲名が表示できない。

…つまり、音声ファイルが大量に手に入るこの時代、今流れてるのが何のファイルなのか分からない、ということがママあり、けっこう不便だったわけなのですが。あと、プレイモードを切り替えても、今どういうモードで再生してるか分からなかったりしてね、要するに自分と機械との間で

  • その他

  • イヤーピースにいちいち着色してあるのも良い
  • 「外音取り込み機能」がサイバーな感じでツボ
  • 総じて「スポーツの最中に使うこと」を考え抜いてある

まとめ:スイミングの良い相棒になってくれそう。

これで12,550円なら安い。

泳ぎに行くときのモチベーションがあがるので、はかどります。

何気に、ケーブルが絡むわずらわしさもなければ、収納もコンパクトなので、それだけでも昔のポータブル音楽プレイヤーに比べてずっと快適。泳がない人にも、雨でも、ドリンクぶっかけても(糖分とかが良くないので洗う必要はあるけど)壊れない安心感、というのは、実はストレスを軽減します。

かわいがるぞー!

オマケ(1)

取説から見返したい項目を引用しときます

PDFだとスマホ等で見にくいので、WEBサイトに平文で記述して欲しいのですよね…。どちらのメーカー様も。

曲戻しするには

ウォークマン本体右()の戻しボタンを短押しする。
現在の曲の先頭に移動します。再度戻しボタンを押すと、前の曲に移動します。

曲送りするには

ウォークマン本体右()の送りボタン短押しする。
次の曲の先頭に移動します。再度送りボタンを押すと、さらに次の曲の先頭に移動します。

曲を早戻しするには

ウォークマン本体右()の戻しボタンを押したままにする。
再生中の曲を早戻しします。

曲を早送りするには

ウォークマン本体右()の送りボタンを押したままにする。
再生中の曲を早送りします。

フォルダー戻し/アルバム戻しをするには

ウォークマン本体右()の戻しボタンを素早く2回短押し(ダブルクリック)する。
ダブルクリックすると、現在選ばれているフォルダー/アルバムの先頭曲に移動します。もう一度ダブルクリックすると前のフォルダー/アルバムに移動します。

フォルダー送り/アルバム送りをするには

ウォークマン本体右()の送りボタンを素早く2回短押し(ダブルクリック)する。
次のフォルダーやアルバムの先頭曲に移動します。

ヒント
  • プレイリストをウォークマンに転送して、再生単位をプレイリストに設定している場合は、プレイリスト戻し/送りされます。

アルバム単位で再生するには

ウォークマン本体左()のMODEボタンを3秒以上長押しする。
押すたびに再生単位が切り替わり、音声ガイダンスが聞こえます。
Folder (フォルダ―単位の再生)  Album (アルバム単位の再生)

ヒント
  • プレイリストをウォークマンに転送すると、プレイリスト単位で聞くこともできます。

リピート/シャッフル再生するには

ウォークマン本体左()のMODEボタンを短押しする。
押すたびに次の順番で再生モードが切り替わり、音声ガイダンスが聞こえます。
Normal (通常再生)  Repeat (リピート再生)  Shuffle (シャッフル
再生)

1曲リピート再生するには

リピートしたい曲の再生中に、ウォークマン本体左()のMODEボタンを素早く2回短押し(ダブルクリック)する。
音声ガイダンスが聞こえ、再生中の曲を繰り返し再生します。1曲リピート再生を解除するにはMODEボタンを素早く2回短押し(ダブルクリック)するか、1回短押しします。

ご注意
  • 1曲リピート再生中はフォルダー単位、アルバム単位など、再生単位を変更できません。

ポータブルオーディオプレーヤー NW-WS413
NW-WS414 2016/2/13発売 取扱説明書(裏面)>> 45805310M-JP.pdf http://www.sony.jp/ServiceArea/impdf/pdf/45805310M-JP.pdf
 

スポーツする時の操作をちゃんと想像してある

総じて、運動中にアレコレしなくていい、操作体系になってました。

その分、コマンドを覚えなければならないわけだけれども。「フォルダ単位で次に送る、アルバム単位で次に送る、のときは、ダブルクリックだよ!」とか。それぐらいですからね。
 

オマケ(2) 後継機(新モデル)はコチラ

紹介のNW-WS41、後継機種が出てるので、紹介します。

▼上位モデルに、待望のBluetooty対応版が出てる―――!!! iPhoneとつないで、ラジオ聴いたり、iPhone内の音楽を聴いたりできるわけだ。欲すィ。買い換えるならコレだな。でも、WS41まだまだ壊れそうにない。。

 

 

一緒にコレ買っとくとより快適カモ

運んでる間に水分が切れて、それ吸ってくれるので、ちょうどよくない?サイズは、「ハーフ」がかさばらず、ちょっときゅっと束ねた状態にフィットするサイズでした。

▼ノーマルサイズでも、畳んだ時の厚みがちょっと増す程度。用は、タオルハンカチ持ち歩いてるだけなので。

おまけ

最近、SONY復権の兆しか…??
と思う出来事がちょこちょこあると思うのですが、いかがでしょうか。
私自身、ポツポツと最近立て続けにSONY製品を買ったこともあって、ちょっと再評価したくなってます。

αツイッタラー、あまん氏もSONYのヘッドフォン推してたので、ツイートを紹介しておきます。

このMDR-1000Xにもノイズキャンセリング機能、逆に、拾って流す機能。拾って流す機能は、この記事で私が紹介してきたNW-WS414/Lにもついてるので、何か良い技術を持っているのでしょうね。使ってみると、楽しいですよ。私は周りの音が聞こえないのは怖いので、よくこの「周りの音を拾って流す機能」ONにして使ってます。

広告