ねむれない ねむれない ねむるのがこわい ねむれないのがこわい

こんなのぜってーfacebookには書けないよね!的な。

サラリーマン新人のとき、忙しくて、忙しくて。平日計20時間ぐらいしか寝てなかったり。新人なのに経費でタクシー帰宅して、朝定時を過ぎて出勤して(会社全体が異様な繁忙期だったので黙認…かどうか微妙だけど、実際そうしていた)。

バーンナウトするかと思ったけど、どんなドMだか、忙しいフィールドを追い求めて生きてきた。毒親育ちは、常に自己肯定感の飢餓状態にあるので、用事を詰め込みやすいとどこかで読んだことがあるけど。。

入眠困難を決定的にしたのは、やっぱり産後だと思う。
昼夜を問わず3時間おきに授乳というプレッシャーと、生物として、身体がそのように作り変わるのだろう。
と、やっぱり、名前を言ってはいけないあの人。

産後はそんな暮らしなので、眠れるときに眠っておきたいのだけど、あの人(子育て経験してんだろーがよ!)は、何度もやっと寝入ったタイミングで電話してきて、抗議したら、「そんな昼間に寝るような暮らししたらいけんよ!」と言い放った。ただでさえ睡眠が不安定なとき、腹立たしくて、また、眠るとこういう思いがけない不幸に見舞われるのではないかと恐ろしくて、時々、布団に入っても何時間もねむれないということが起きるようになった。

産後、育児中は、自分のために時間を使うことが全く不自由になるので、睡眠削ってでも自分の時間を作りたいという感覚もあると思う。

さらに一昨年〜昨年のサラリーマン+育児+起業準備の修羅場が、ダメ押しした。

焦燥感。
恐怖感。
焦燥感。
恐怖感。

経済的には余裕が出てきたのだけど、引き換えに失ったものは何か、と。

急に芸風変えて申し訳ないけど、

…てな感じです。たぬ子でした~。

広告