司法書士・行政書士受験生もそりゃ気になるでしょ【レビュー】【本】山口真由「東大首席弁護士が教える超速「7回読み」勉強法」

コチラの本の感想。

東大首席弁護士が教える超速「7回読み」勉強法
山口真由
PHP研究所
売り上げランキング: 1,648

今年度の行政書士試験に落ち、それでも来年司法書士受けちゃおうかなあと思っている身としては、そりゃあ気になる。司法試験に受かる人が、いったいどんな勉強法を推しているのか。

ごく単純に紹介すると、本のタイトル通り、7回読むこと。

7回読むこと!!?

そんな単純なことで良いのか?と拍子抜けしそうですが、この本を読んでみると、ちょう説得されます。

そりゃあね、弁護士つったら、人を説得する仕事だもんね。

ともあれ、考えてみると、わたくしめが、そりゃあ優秀な成績をおさめていた、中学生ぐらいの頃は、なんで得点できてたかって言うと、試験中に教科書の紙面が眼前にあるかのように思い出されたことだった気がします。そして、それがどうして可能だったかというと、嫌でも何回も読まされるからだったような気もします。

ただ、そのことが、記憶力がおとろえまくった中年の私の脳みそにハマるのかは、ちょっと斜めに見てますが、その真偽はことしの司法書士試験で、私が身を以て証明することになるのかなあとか思っております。

評論だけしてても一歩も進まない。まずはやってみんべ、てコトで。

もちろん、ただ7回読めばイイってもんでもないので、その辺りのコツ的なことも、ざっと紹介されてる本です。

…てな感じです。たぬ子でした~。

広告