教材選びが( ゚Д゚)マンドクセなあなた!独学者の手の内明かします!行政書士受験教材の全一覧☆【試験まであと040日】

 

今年11月の行政書士試験。

わたくしはいわゆる独学。勉強期間は半年での受験になります。模試だけ三回ほどLECに受けに行くけど、そのぐらい。法学部卒、法律職経験者。

対する行政書士試験は、合格率は高くて10%台(平成25年)と、難関資格の一つです。もっとも、超難関というワケでもなく、正攻法で努力すれば、特別な才能がある人でなくとも受かる試験です。

 

勉強方法は、いわゆる「基本書」と「過去問」。

この二つを押さえれば、合格圏内に到達することができそうです。たとえば司法試験みたく条文を素読してみたり、というようなことまでは必要ない。

……まだ受かってないのに言うのもナンですが、過去問回してると、確かに頻出論点が繰り返しでてくるだけで、それ以外のものは殆ど出てきません。

問題はその頻出論点をちゃんと覚えるだけの勉強をできるか、なんですけど…(テヘ  (〃▽〃)

今回は、使って大満足の受験教材をご紹介します。
20140929-095622.jpg

必携なのは「基本書」と「過去問題集」

基本書とは、要するに教科書というか。キホン読む本、ですな。「応用書」というものが対置される概念ではないと思います( ̄▽ ̄) 司法書士試験以上だと、科目(法律)ごとに一冊ずつ基本書が要ったりしますが、行政書士試験はボリューム的に全体で一冊で充分。

過去問は読んで字のごとく、過去の試験問題を集めたものです。

行政書士試験は、これら以外に、副読本を要求するようなレベルではないと感じています。

 

いわゆる「基本書」教科書はコチラ☆

2014年版出る順行政書士 合格基本書 (出る順行政書士シリーズ)
東京リーガルマインド LEC総合研究所 行政書士試験部
東京リーガルマインド
売り上げランキング: 111,880

LECといえば、言わずもがな、法律系資格受験予備校大手。

そこの出してる基本書ですが、コレがまあ、よく出来ている!と思いました。こなれています。

  • 憲法:判例が適当なボリュームで多数掲載。語呂合わせも充実。
  • 民法:覚えるためにも重要な「筋道」の部分を判例を引きつつ説明してあり、それでいて冗長でもない。図解や表も程よい割合。
  • 行政法:「ここ出るんだなあ」という所が過不足なく書いてあります。
  • 教養:別冊になってないので、コレ一冊買えば済むというのが有り難い!!

総じて、コレ一冊あれば何とかなる感が素晴らしかったです。条文も適度に載せてあるので、六法も携行不要、序盤はホントこれ一冊で外出してました。

 

教材比重としてはここまでで7割という感じ。「過去問」教材はコチラ☆

2014年版出る順行政書士 ウォーク問過去問題集 1 法令編 (出る順行政書士シリーズ)
東京リーガルマインド LEC総合研究所 行政書士試験部
東京リーガルマインド
売り上げランキング: 15,325
2014年版出る順行政書士 ウォーク問過去問題集 2 一般知識編 (出る順行政書士シリーズ)
東京リーガルマインド LEC総合研究所 行政書士試験部
東京リーガルマインド
売り上げランキング: 120,420

法令編と一般知識編(教養科目)の二冊立て。

右ページに過去問。めくって左ページに解説、という作りが順守してあって使いやすい過去問題集です。解説ページには、ちゃんと基本書へのリンク(ページ数の表示)がしてあります。

勉強法としては、基本書を線引く程度で読んだら問題集に取り掛かって、ひっかかった所は基本書に立ち返る、というのを繰り返してました。立ち返る段階では判例や条文を基本書に書きこみ。

ちょっとだけ後ろめたいのは、一般知識編は買ってないんですよね。。

 

更に受験体制を盤石にするための教材

要領イイ人、世間知がある人は、上に挙げた教材だけで合格可能と思います。が、より確実にしたいと思うと、この辺が良いのではないでしょーか!

 

一発合格のためにはヤマ張っておきたい!! 「予想問題集」はこれ☆

2014年版出る順行政書士 直前予想模試 (出る順行政書士シリーズ)
東京リーガルマインド LEC総合研究所 行政書士試験部
東京リーガルマインド
売り上げランキング: 3,196

最後はこれを丸覚えして本番に臨もうと思います…(できれば)

ちなみに、一応、一つはもうやりました(散々でした…)。

 

気分転換と教養問題の地力養成におススメなのがこの2冊☆

知らないと恥をかく世界の大問題 (角川SSC新書)
池上 彰
角川SSコミュニケーションズ
売り上げランキング: 12,862

現代史的なところの基礎が頭に入るので、仮にモロそこが出なくても、推測の下地にはなってくれそうな感じがします。詳しい感想はコチラ

増補 池上彰の政治の学校 (朝日新書)
池上 彰
朝日新聞出版 (2013-06-13)
売り上げランキング: 36,199

あ国会の話とか書いてあるので、憲法対策にもなる…かも?

詳しくは、コチラにレビュー書いてます。

 

flamingo3

ブログ書いてる暇あったら、勉強しろ!!

…っつう、話ですよねぇ。。(´・ω・`)

しかし、収入源の複数化が、私にとって行政書士受験より広いテーマであり。かつ、将来に士業で開業するにしても、アクセス数のついてるブログを携えての開業はスタートダッシュが違うのですよ。これはもう、経験上。なので、ね?ね?ね?(ユルシテ…)

 

ってか、あと40日しかないの!!!!? \(◎o◎)/! やばい。。

広告