ファミマ土下座強要事件に見る「難しい隣人」の対応方法

今朝からTVでも報道され始めています。

コンビニで「空のペットボトルに水をいれる」よう要請して断られたことを契機に、土下座やタバコ6カートン、携帯電話機種変更代の支払を強要したという事件。。。

 

とくダネによれば、動画を見た江口大和弁護士いわく脅迫罪、その他スタジオでの解説で土下座強要で強要罪、威力業務妨害罪、中小コメント付きの動画UPで名誉棄損罪の可能性があるとのこと。

個人的には、ファミリーマート本部指示だったという、土下座要請に応じた事が、はたして適当な判断だったのか気になります。 場を収めたい一心の行動が、かえって問題をエスカレートさせたり、長引かせることがあると思うので。

 

こういったトラブルって、実はあるところにはありますね。

古典的な流れのように見受けましたが、個人的には増えるのではないかと思っています。

日本も格差が進行していて、しかも格差間の断絶が進んでいます。よって、思いがけないフトしたきっかけで、巻き込まれることもありそうだと踏んでいます。

ことが起こったときには冷静に対処できるよう、イメージを持っておきたいものです。

 

私だったら、土下座要請に応じず、長引くようなら警察に通報、でしょうか。。長時間の不退去・恫喝で威力業務妨害になるのではと思いますし、逆恨みされても怖いけど、取り組み易い相手と思われても先が長そうです。。。

広告